スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  帰国  
2006.06.17.Sat / 17:53 
しばらくブログをサボっていました。


そしてこれを書いている今はもう日本にいます。

そう、、帰国しちゃいました。

2005年6月17日にカナダへ行き、2006年6月16日に日本へ帰国。ちょうど一年ですね~。

はっや!一年!

カナダで一番お世話になった2人の姉さんに見送ってもらい、バンクーバー国際空港を13時10分に出発、成田に14時半頃到着。

飛行機を降りた瞬間早速じめじめの洗礼を受けました。雨降ってたからよけいに湿気がね


そして日本に来て一番最初に思ったのが、日本人って小さいなぁ。


俺の背は178cmあるのですがカナダでは男性は高い人いっぱいいたし、女性でも俺より背が高い人が結構いたりしたので俺は普通な感じでした。
でも成田での入国審査で並んでいたとき、周りは日本人だけだったので見回してみると俺より背の高い人がいませんでした。


その後、空港の売店で立ち食いそばを見つけて食べたとき、つい独り言であぁ~うまいと言ってしまう。

俺の出身は三重なので成田からセントレアへ行く飛行機を待っている間ワールドカップを見ていました。

19時半にセントレアに到着して荷物を受け取り、出ると3人の友人が迎えに来てくれていました。かなり遠いのにわざわざ来てくれてほんとありがたやありがたや。俺はうれしいぞ☆

空港の店でみんなと一緒にトンカツを食べ、これまたうまいうまいを連発してました。


あ~日本だなぁ

そいえば今日饅頭とみたらしを食べましたよvv

JP.jpg
スポンサーサイト
No.64 /  /  comments(6)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Vernon  
2006.05.29.Mon / 22:32 
旅の予定に少し余裕ができたので以前住んでいた俺にとっての第二の故郷バーノンを訪れてみました ヾ(o′▽`o)ノ

                             冬とは違い木が生い茂っている、、、
VN2.jpg  VN3.jpg

2ヶ月弱ぶりですかね~。あぁなんだか落ち着く☆


残念なことに仲がよかったNickは3日前、Andreanneは2日前にホステルを発ったらしく会えませんでした (-∀-○)ザンネン
あとJesseもどこかへ行ってしまったそう。。。

でもKathrin、Guy、Julio、オーナーのPatrick、犬のトゥック、猫のキヨは変わらずいました。そして何故か一度出て行ったDavidが帰ってきててホステルで働いてるし。
みんな暖かく迎え入れてくれました。(*´Д`)ノ。゜ミンナヒサシブリ゚,

さらにうれしいことに宿泊費タダにしてくれました


それにしてもとっても静かだここ。宿泊者少ない・・・


部屋もルームメイトなし、俺だけ(・-・*)

でもまあおかげでゆっくりさせてもらいました♪


そしてこんなの作ってありました

VN1.jpg  VN4.jpg

あぁ~楽しい思い出が甦ってくる (*´ー`)イイネェー

今日はDavidとKathrinの買い物についていってのんびり過ごしました。
No.63 /  /  comments(7)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Regina  
2006.05.28.Sun / 10:35 
28日早朝にレジャイナへとやってきました。

サンダーベイで1日滞在を延ばして荷物の連絡を待ちましたが結局見つからないまま。 ┌|-.-|┐ガックシ もしも見つかったらここへ送ってほしいという住所を渡し、旅を続けることにしました。


そしてまたもやサンダーベイからレジャイナへ行く途中で以前ハリファックスで会ったY子と遭遇 ( ; ロ゚)゚ マタカヨ!!
さらに旅の序盤にホワイトホースで知り合った日本人にも遭遇 ( ; ロ)゚ ゚ ナンデェインノ!!
カナダってほんとに広いのか?!
一体次は誰が現れるんだろう ┐( ̄ー ̄)┌

でもみんな方向は一緒だけど目的地は違ったので途中でお別れ。


で、レジャイナに着いて
早朝、天気悪、そして日曜ということで街はかなり閑散としていて何もすることがなくバスディーポにあるドーナツ屋でしばらく時間を潰しました。


雨が微妙に降っていて傘もバックパックに入れていたのでなくなってしまったし、さらに寒かったのであまり動き回る気になれず州議事堂にだけ行くことにしました。
旅の後半戦ほんと天気に恵まれずです、、はい(悲) (#+_+)


RG1.jpg  RG2.jpg


8時半過ぎに行くと9時からガイドツアーで中が見られるということでまたしばらく待ち、結局参加者は俺一人だけ。

ちょっとそっけないおねーさんに案内してもらいました。

RG3.jpg  RG4.jpg

建物はかなり豪華な感じで4年かけて造られたものだそうです。


最初はそっけなかったおねーさんともだんだんと打ち解けてきて最後にピンバッヂをくれました。

ピンバッヂって結構タダでくれるものなんですね ^ω^


おっ(o゚∀゚o)
RG5.jpg


レジャイナは州議事堂だけで終了し、すぐ昼のバスでさらに西へ移動することにしました。
No.62 /  /  comments(59)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Thunder Bay  
2006.05.25.Thu / 22:51 
オタワを出て、サンダーベイというところにやってきました。

ここはウィニペグとトロントの中間あたりにある湖沿いの街で、何があるとかどんなところかとかよくわからないままなんとなく来てみました(笑) (。・∀・)ノ゙キチャッタ

まずホステルが街中になく、バスディーポから20キロほど離れたところにあるのでバスドライバーに途中で降ろしてくれるように頼み、 (*'人'*)オネガイシマス (不便なところだと旅人が泊まれる場所が限られてるのでドライバーも場所を知っています)ホステルの人にピックアップしてもらいました。

で、その時バスの下に預け入れていた二つのカバンを探すと、一つはあるがもう一つがない、、、(~□~;)!! バスでの移動中ほとんど満員状態だったので普段預けていないバックパックも下に入れていました。
途中何度か乗換えがあったのでその時に他のバスに移ってしまったか誰かにパクられたかどちらかだと思います。
一応乗り換えの度に荷物がちゃんとあるか確認していたのですが1度だけ確認できなかった時がありました(不覚)_| ̄|○


ホステルの人が後から街に行くというのでその時また確認しようということになり、一旦ホステルへ。

ホステルの周りにはほんと何もない・・・

TB4.jpg


ここのホステルは老夫婦が経営していて、ピックアップしてくれたのはおばーさん、
そして到着するとおじーさんいきなりパンツ一丁(しかもブリーフ)で登場。見た目寒そうですが温かく迎え入れてくれました。ヾ(・д・。)ィョーゥ
服洗ってまだ乾いてないんだよね~アハハハ~って言ってました。(いきなり面白いし)


今日は市民権を得た移民者たちのセレモニーがあっておじーさん達の知り合いも何人かいるみたいなのでそれについて行って全く関係ない俺まで参加してきました。(∀ ̄;)(; ̄∀)

TB1.jpg

今日はさまざまな国の人85名がカナダ人になっていました。なんだか面白い経験でしたね。


街へ行ったついでに少し買い物をしてグレハンのバスディーポでカバンの確認をするがやっぱりない。カバンの特徴や最後にそのカバンを見たのはどこかなどを伝え、他のところに電話してもらい探してもらうことに。
なので電話待ちの状態です(悲)

まあ幸い大事なものはちゃんと手元にあるのでもし見つからなくても結構被害は少なく済みそうです。
でもやっぱり戻ってきてほしいヨ・・・ ヽ(;´Д`ヽ)


帰る途中でカナダの英雄テリーフォックスの像がある公園へ

TB2.jpg



ホステルに戻った後、ビーバーがいる場所へおじーさんが車で連れて行ってくれました。このおじーさんがかなりいい人でしかも面白い。

ちなみにこんな人
TB3.jpg


おしゃべり好きでさらに写真を撮るのも好きみたいでいろんなとこで写真を撮っています。
セレモニーの時も積極的に知らない人に話しかけ、写真も撮りまくってました。



これビーバーの巣です              ギースの親子もいました。
TB6.jpg  TB5.jpg



しばらく待っていると・・・


ビーバー発見(゚∀゚)!!
TB9.jpg  TB10.jpg



その後、近くのゴミ溜めになっているところでたまに熊が現れるということで行ってみることに、



そしたら見事にいました!( ̄(エ) ̄)v ちなみに初めて野生の熊を見ました。
TB11.jpg  TB12.jpg

これは子熊で親はどこにいるんだろうと振り返ると反対側の林の中にいる (; ゚ ロ゚)!! ということは親熊と子熊の間にいる状況・・・これはちょっとやばいということで親熊が気付いてないうちに退散してきました。ε=ε=ε=ε=ヾ( ゚д゚)人( ゚д゚)ノ゙ ニゲロー


夕方のなかなか綺麗な時間帯でした

TB7.jpg  TB8.jpg



という感じで面白いとこですサンダーベイ♪

それにしてもバッグ戻ってくるかなぁ (-_-;*) ウゥム…
No.61 /  /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Ottawa  
2006.05.23.Tue / 22:07 
カナダの首都オンタリオ州オタワに来ました。

今の時期はチューリップフェスティバルがやっていたのですが俺が着いた日にはもう終わっていました。

花がない・・・(寂)
OT1.jpg


とりあえず国会議事堂へ行ってみることに、

OT2.jpg

すると小学生の団体がわんさかわんさか (ノ*・I・)ノ
その団体に巻き込まれながら中に入っていってウロウロしてたら警備の人に止められて、どこ行くの??どこのツアーの組なの?と言われ、え?・・・一人で見てるだけですけどって言ったらちゃんとガイドツアーに参加しないと(Д´#)ダメだ!!と軽く怒られました。
(`Д´)y-~~チッめんどいと思い中央の建物、ピースタワーにだけ上って出てきました。

OT3.jpg



なんだか旅の疲れが溜まっててすぐに疲れてしまったのでマーケットとノートルダム聖堂をうろつきホステルに戻りました。

で、ここのHIホステルは元刑務所の建物を利用したもの。鉄格子の付いた部屋で囚人気分を味わってきました。

OT4.jpg  OT5.jpg


夜7時からやってる監獄ツアーにも参加して昔どこの部屋がどう使われていたのかとか絞首刑台を見たり、幽霊がいるという話などを聞きながらいろいろと中を案内してくれました。

OT6.jpg

ちなみにここでも小学生の団体がわんさか


疲れていたので監獄ってことなど特に関係なくよく眠れました。


あっそういえば日本に帰る日なんですけど6月15日午後1:10発、成田経由、日本時間6月16日午後7:05着の飛行機で帰国します。

あぁ~どんどん日本に帰る日が近づいている、、、


次はどこに行こうかな
No.60 /  /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Perce  
2006.05.21.Sun / 20:59 
フレデリクトンから移動して夜中の1時にペルセに到着。
初めてバスの乗客が俺一人だけでした(笑)

ペルセは以前訪れたガスペの近くの街でケベック州東南のガスペ半島にあります。
何故またこの場所に来たのかというとハリファックスで知り合った日本人男性がペルセを大絶賛していたからです。
ガスペに行ったときに行こうかどうか迷って結局パスしたと言ったら何で行かなかったの?!ヽ(`Д´)ノと軽く怒られました。

そんなに言われたら行くしかないでしょってことで来てみました。( ゚Д゚)/キタゾー

夜遅くに着いたけれど予約したホステルの人は起きて待っててくれました。
次の日すぐ観光ができるように見所もいろいろと教えてくれてありがたかったです。
今日は天気が悪かったので晴れてくれることを願って就寝(-д-)o0

次の日、雨は降っていないものの曇っていてさらにあたり一面すごい霧・・・_| ̄|○

とりあえず見所の一つ滝を見に行きました。

霧の中をどんどん進んでいく
PC1.jpg


すると滝発見!
PC2.jpg  PC3.jpg

ここは素直にきれいなところでしたね。

こんなものも置いてありました。
PC4.jpg


そして山を登り崖からの景色を見に
しかーし霧のおかげで何も見えない(▼▼#)

PC6.jpg  PC7.jpg

というかこの崖、ビューポイントになっていますが特に柵みたいなものがないので普通に危ないです。でもスリルがあってなかなかいいですよ。

山を登り、上から霧を見る
PC8.jpg



そしてここペルセで一番有名なのがペルセ岩

PC9.jpg  PC11.jpg


干潮時にはこんなふうに陸づたいに渡れるようになるので近くで見ることができます。
PC10.jpg


で、これが思っていたよりデカくて迫力がありました。
岩肌には無数の化石が埋もれているらしく、太陽の光に照らされるとさらに綺麗に見えるみたいです。
PC12.jpg  PC13.jpg

今回は残念ながら光を浴びることはありませんでした。


ここペルセは不便で小さなところですが山、崖、滝、岩、海岸など見所満載です。近くにボナヴァンチュール島というところもあり、そこは北米最大の渡り鳥自然保護区で今の時期は手の届きそうな位置でカツオドリが形成する巣を見られるそうです。
残念ながら波が高くて今日はボートが出ませんでした。

本当に天気に恵まれなかったことが悔やまれます。┏(-о-)┓ガックシ

天気が良くなればもっといたいところですが、観光案内所で天気を調べてもらったら5日間ほど雨が続く模様、、、

ということで次の日すぐに出発。

今度は一気にOttawaまで戻ります。

このガスペ半島はいつかまた来て今度は車でゆっくりと回ってみたいところですね。ここはお薦め☆来る価値ありの場所です。天気が良いときっと最高でしょう°+(*´∀`)b°+°

スパグッティハウス・・・
PC14.jpg
No.59 /  /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Fredericton  
2006.05.19.Fri / 21:45 
朝B&Bのおじいさんにバスディーポまで送ってもらい、アリガトウ(*゚∀゚)ノ~~~★サヨウナラ~をしてバスに乗り出発した後、部屋の鍵を返すのを忘れたことに気付く Σ(×c_×lll)シマッタァ

フレデリクトンへ行く途中でモンクトンというところがあり、そこで川が逆流する自然現象が見られるみたいなので寄ってみました。

とりあえず着いてすぐにおじいさんのところへお詫びの電話をして鍵を送ることを伝え、郵便局を見つけて送る手配をしました。
おじいさんもあ~そういえばそうだったね~忘れてたよハハハ~と笑ってました。 ニコ(´∀`)ニコ

ひと段落着いたところで観光案内所で逆流する時間を聞いて目的の川へ

が、、、水があまりなく他に人もいないそして天気も悪い。

FD1.jpg

うーん怪しいそして微妙


時間を過ぎて雨に打たれながら一応しばらく待ってみたけど結局何も起きず、よくわからないまま終了 q(*`∀´)pナンダヨ~ 
FD2.jpg

鳥がいただけでした。。。


またバスに乗りフレデリクトンへ
この日は夜に着いてホステルで夕飯を食べて終了

次の日午前中だけ観光。

地球の歩き方にここの観光案内所のスタッフはとても親切と書いてあったので確かめに行ってみました。

FD3.jpg


早速入って挨拶した瞬間すぐにいい人だと分かりました。

ここの観光案内所は市庁舎の1階にあって2階が議場になっているので見学できるかどうか聞いたら、ちょうど今日から見学できるとのこと。なので今年の議場見学者第一号でした。
FD4.jpg

議場の壁にはフレデリクトンの歴史が描かれている画が何枚も飾られていてその説明が書かれているパンフレットを全部スタッフの人が読んでくれて1枚1枚説明してくれました。


FD6.jpg
↑これ視聴者の前にある噴水の銅像なんですが昔1度盗まれて何故かまた戻ってきたそうです o(* ̄□ ̄)

FD5.jpg

なので今は市庁舎の中に保管されていて、外に出ているのはレプリカだそうです。

その後、ピンバッヂが売っている所はないか聞くと、確か観光案内所のどこかにあったはずとどこかに電話したりしてすごくいろいろ探し回って見つけてくれて何故かタダでくれました (・∀・)ヤリィ

ということですごく親切で感じのいいスタッフさんでした。

ホステルの近くにマーケットがありすごい人だかりでした。
FD7.jpg


昼のバスに乗り次はPerceへ
No.58 /  /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Charlottetown2  
2006.05.18.Thu / 21:49 
今日は赤毛のアンの家などを見に行くツアーに参加。相変わらず写真ばかりでお送りします(笑)

実はそんなに赤毛のアンに興味はないながらもせっかくなので行くことにしました。


で、朝9時半に迎えに来てくれて車に乗り込むとハリファックスで参加したツアーで一緒だった中国人男性の2人がいました。(・0・)アラ

ということで参加者はこの2人と俺を入れて3人。全員男、、、運転手さんも男 ( ̄ー ̄;)

運転手さん曰く、普段ツアーに参加するのは女の人が多いので男だけというのはめずらしいと言っていました。
でもその分、少人数しかも男だけということでいつもは行かないところまで連れて行ってくれましたよ。

PEIはロブスターで有名なのでそのロブスターを捕りに行く船がある港へ行きました。
CH9.jpg  CH10.jpg

CH11.jpg
  ↑これを仕掛けておくらしいです。

こんな感じの海沿いの景色を眺めながらキャベンディッシュへと向かっていきました。
CH12.jpg  CH13.jpg


そして赤毛のアンの家に到着

CH14.jpg


少し中の写真も
CH15.jpg  CH17.jpg

CH16.jpg


これがお化けの森ってやつですね
CH18.jpg  CH19.jpg


著者モンゴメリの生家にも行きました。
CH20.jpg  CH21.jpg


有名なフレンチリバーの風景
CH22.jpg  CH22.jpg


それにしてもここPEIは広大でのどかな風景満載で本当にきれいなところです。ヾ(*ΦωΦ)ノ
CH24.jpg  CH25.jpg


夏にはもっといろいろな花が咲いて、よりカラフルになって綺麗らしいのですが、今でも十分楽しめました☆

CH27.jpg  CH28.jpg


そして今回泊まったB&Bがかなりよかったので紹介しときます。

Morais' Guest Home

CH29.jpg


おじいさんが経営してるのですがこの人かなりいい人☆日本人の利用者も多いみたいで日本人に慣れています。( ´¬`)ノ
そして到着時刻と場所を予約時に教えておけば車で迎えに来てくれます。
名前が書いてあるボードを持って待っててくれますよ(笑)
そして出ていく時もバスディーポまで送ってくれました。
場所もダウンタウンに結構近いので便利だし、おじいさんの人柄がなによりいいですね。何故かPEIのピンバッヂ持っててタダでくれたし、
値段も一泊朝食ありで$30、なしで$25とリーズナブル。Taxいらないらしいです。朝食いるいらないは自分で選べます。
という感じでかなりお薦めですよ~。(´・・_,`)
6月からはオンシーズンということで少し値上がりするみたいですがそれでもいいところだと思います。
部屋は2つしかないので行く日が決まっているなら早めに予約をしたほうがいいかもしれないですね。


ということでPEIよい感じで過ごすことができました (*´ー`*人)
次はNew Brunswick州Frederictonへ行きたいと思います。
No.57 /  /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Charlottetown1  
2006.05.17.Wed / 19:26 
次の目的地プリンス・エドワード・アイランド(PEI)のシャーロットタウンへ到着しました。

CH1.jpg


ここへ到着するまでの景色はなんだかのどかな田舎の風景って感じでしたよ~。


昼頃着いてお腹が空いていたのでまずはカフェでサンドイッチを食べてキャベンディッシュへのツアーを探すため観光案内所へ。

海沿い、港の写真
CH3.jpg


今の時期はまだ観光客も少なく、ツアーが行われるかどうか微妙でしたが明日は人数いるそうで行われるとのこと v(。ゝ∀・)bナイス!

予約を済ませて街を散策


プロビンス・ハウスへ

CH2.jpg

ここは歴史的会議が行われた場所らしく、当時のまま残されつつ今もその会議室を使っているそうで、今日行ったときもなにやら重要そうな会議をしていました。写真は撮れませんが会議の様子を見学することができます。
簡単にガイドもしてくれるのでなかなかよかったです。ガイドしてくれた人がかわいかったし(笑)(っ´∀`)つ


コンフェデレーション・センターへ行くと
赤毛のアンに関するものがいろいろと展示してありました。ミュージカルはまだやってないですね~。
CH4.jpg  CH5.jpg

それにしても書いてあるものが全て英語、フランス語そして日本語で書いてあります。日本人の観光客が多い証拠ですね。
でも今日は一人も日本人見ませんでした。まだ時期的に早いからな~(´<_` )


そしてフラフラと歩いていたらワイルドな格好で芝を刈っている人発見!
CH6.jpg


ビクトリア公園へ行き、海沿いの遊歩道を歩いてきました。ベンチがたくさんあって海を眺めて黄昏たりもしてきました (  ̄ー) 

CH7.jpg

こちらはほんとジョギングしてる人が多いですね☆ みなさん健康的で爽やか

今日はなんとなく時間がゆっくりと過ぎていく日でした。

CH8.jpg


明日はキャベンディッシュへのツアーに参加して赤毛のアンの家などを見てきます ('∀')ゞ
No.56 /  /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Halifax2  
2006.05.16.Tue / 21:37 
ハリファックス2日目

嫌な予感が的中し、天気悪!ヽ(`Д´)ノコノヤロー
だから昨日ツアー行きたかったのに・・・

とまあ嘆いてても仕方ないので今日はツアーに参加してきました。


ちなみに今日の参加者は少なかったです。

HF17.jpg
↑運転手さんの格好がキモくておもしろい(失礼しました)

まず最初はマホーンベイというところへ

霧が出まくり、、、
HF16.jpg  HF18.jpg



ここは30分ぐらい滞在して

世界遺産に指定されているルーネンバーグの街へ

こんな感じの建物がたくさんあり、しかもカラフルな感じ
HF19.jpg  HF20.jpg


Subwayもこんな感じ
HF21.jpg


写真でよく見る有名な風景も霧のせいで微妙 (o´-,_っ-)
HF23.jpg  HF22.jpg



そして次は灯台の風景が有名なペギーズ・コーブ

有名な石のモニュメントらしいです
HF24.jpg  HF25.jpg


ここから出す郵便物には灯台マークの消印が押されるらしく、ポストカード一応出しときました (* ̄ T ̄)v

そしてついに到達した大西洋!!
HF26.jpg


晴れが良かったな ┌|-.-|┐


ツアーが終わりホステルへ帰るとなんとまたまた偶然!!ビジネス、ステップアップクラスで一緒だった元クラスメイトのY子と遭遇!
あるんですねぇこういうことが (・ 0 ・)ホー

お次はPEI Charlottetownへ

それにしても写真ばっかりだな俺・・・
No.55 /  /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

PROFILE

エージュ

Author:エージュ
age : 25
gender : ♂
2005年6月17日からCanadaでワーホリ生活開始
自分の目で物を見、自分の心で感じる人間になるため、日々成長中?!

CALENDER

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

World Cup Countdown

サッカー2006W杯カウントダウン

RECENT TRACKBACKS

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

SEARCH

CopyRight 2006 Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。